トップへ » 当院の6つの特徴 » 最新の医療機器

最新の医療機器を完備。インプラント治療も安全に行えます

患者さまの負担を少しでも軽くするために、当院ではさまざまな医療機器を導入しています。

最新の医療機器

歯科用CT

歯科用CT当院では院内に歯科用CTを完備しています。そのため、患者さまに他病院施設へ撮影のために出向いていただく必要がありません。また、従来よりも診断がよりスピーディに行えます。

立体3D画像で、より正確な診断が可能に

歯科用CTは従来のレントゲン像とは違い、患者さまの骨形態、病変の大きさ、神経の走向状態が明確に立体3D画像として診断できる上、医科用CTの1/200の被曝量で顎骨の3次元情報を得ることができます。

あらゆる歯科治療(根の治療、矯正、抜歯、インプラントなど)において、安全かつ精度の高い治療が施せます。特にCT画像診断が欠かせないインプラントを、より安全に行うことができるようになりました。

詳しくは『インプラント』へ

サージカルガイド

サージカルガイド当院では、最先端インプラント術前シミュレーションソフト(サージカルガイド)を導入しています。

インプラント埋入位置の指標となるガイドを作製

サージカルガイドに基づくデータを技工所に伝えると、患者さまのアゴにフィットする穴の空いた模型(ガイド)が送り返されてきます。手術では、この模型を患者さまに装着し、穴にしたがってインプラントを通すだけで安全な位置にインプラントを埋入できます。

手術の現場では、想像していた状態とアゴの幅や厚みが異なる場合があります。そのため、これまでは手術時間が長くなったり、治療計画そのものを変更せざるを得ない場合もありました。サージカルガイドにより手術の安全性が高まり、結果的に処理時間の短縮にも繋がります。

詳しくは『インプラント』へ

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡虫歯や歯周病は生活習慣病ですが、そもそも細菌が引き起こす感染症です。当院では実際に患者さまのお口の中の歯垢を採取し、位相差顕微鏡を使用して各種の口腔内細菌を確認しています。ご希望に応じて、患者さま自身にも確認していただきます。

口腔内細菌のコントロールが可能に

細菌は無色透明です。そのため、普通の顕微鏡でははっきりと見えません。位相差顕微鏡は、無色透明な細菌のコントラスト(明暗)を強くして、はっきりと見えるように特殊な加工がされていいます。

口腔内には常在菌もいます。そのため細菌をゼロにすることは不可能です。しかし、位相差顕微鏡を使って各種細菌の中から虫歯や歯周病に関わる菌を確認し、低い細菌レベルにコントロールすることは可能です。

詳しくは『歯周病治療』へ

ダイアグノデント

ダイアグノデント当院では患者さまの負担を少しでも軽減するため、虫歯の進行状態を数値で表すことのできる最新の虫歯診断器「ダイアグノデント(ドイツ製)」を導入しています。これにより、必要以上に歯を削らない、予防的な治療をおこなうことが可能になりました。

虫歯の度合いも数値で測定できます

ダイアグノデントは、まず安全なレーザー光線を歯に照射します。その反射光を読みとることで、見た目にはわからない小さな虫歯やしずく状の虫歯を発見します。また、見つかった虫歯が、治療が必要かどうかも判定します。

詳しくは『痛みの少ない治療』へ

レーザー

レーザー当院では、最新のレーザー治療をおこなっております。レーザーを使用することで、安全かつ痛みの少ない、やさしい治療ができるようになりました。しかも、治療時間が大変短くなりました。いつの間に終わったの?というくらい、短時間で治せてしまいます。

当院では最新のレーザーを知覚過敏や根管治療、歯周病、顎関節症の治療に使用しています。痛みが苦手という患者さまや、妊娠中の方でも安心して治療を受けていただけます。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 最新の医療機器


PAGE TOP