トップへ » 当院の6つの特徴 » 最新の医療機器 » 位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡虫歯や歯周病は生活習慣病ですが、そもそも細菌が引き起こす感染症です。当院では実際に患者さまのお口の中の歯垢を採取し、位相差顕微鏡を使用して各種の口腔内細菌を確認しています。ご希望に応じて、患者さま自身にも確認していただきます。

口腔内細菌のコントロールが可能に

細菌は無色透明です。そのため、普通の顕微鏡でははっきりと見えません。位相差顕微鏡は、無色透明な細菌のコントラスト(明暗)を強くして、はっきりと見えるように特殊な加工がされていいます。

口腔内には常在菌もいます。そのため細菌をゼロにすることは不可能です。しかし、位相差顕微鏡を使って各種細菌の中から虫歯や歯周病に関わる菌を確認し、低い細菌レベルにコントロールすることは可能です。

詳しくは『歯周病治療』へ


トップへ » 当院の6つの特徴 » 最新の医療機器 » 位相差顕微鏡


PAGE TOP