トップへ » 当院の6つの特徴 » 感染対策 » 【高圧蒸気滅菌器】

【高圧蒸気滅菌器】

高圧蒸気滅菌器当院ではヨーロッパで最高ランクであるクラスBの滅菌器を使用しています。一般診療の基本セットなどはもちろん、インプラントに使用するオペ器具なども滅菌できるものは滅菌器で滅菌処理をしています。

【滅菌器の特長1】規定水準をクリアしたクラスBタイプ
まず、バキュームと蒸気の注入を交互に繰り返し(パルス真空)、被滅菌物内部のすみずみまで蒸気を行き渡らせます。それにより、これまでのオートクレーブではできなかった部分まで滅菌できるようになりました。また、中が空洞のハンドピースの滅菌にも適しています。

【滅菌器の特長2】パルス真空による清潔乾燥
乾燥時には、ドアを開けず0.3ミクロンのバクテリアフィルターを通した清浄な空気の流入と真空を繰り返します。そのため、外部の雑菌を入れることなく清潔乾燥できます。タービンのカートリッジやOリングなども傷めにくく、陰圧と約80℃の熱で低温乾燥します。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 感染対策 » 【高圧蒸気滅菌器】


PAGE TOP