トップへ » 診療メニュー » インプラント

【インプラント】本物の歯と同じような噛みごこちを実現できる治療

インプラント治療は日々進化しています。そのため、常に最新の知識と技術を学ぶ必要があります。当院では最先端のインプラント治療の研修に積極的に参加し、患者さまに最新の治療を施せるように努力しています。

インプラント

歯を失うと、「上手く噛めない」「上手く話せない」「歯並びが悪くなる」といった問題が生じます。これまでは入れ歯や前後の歯を削って被せるブリッジなど、一般歯科(健康保険適応内)で対応できる範囲の治療が行われてきました。

インプラントとは?

これに対し、第三の治療方法として最近注目されているのがインプラントです。インプラントとは、歯の抜けた顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工の歯を被せる治療方法です。違和感が少なく、本物の歯と同じような使用感が特長です。

歯科用CTで骨の中身を事前にチェック

歯科用CT当院では歯科用CTを導入し、コンピュータ上で骨を再現することでレントゲンでは分からなかった、骨の奥行き、骨の幅、厚みを正確に知ることできるようになりました。

手術の前にあらかじめCT撮影を行うことで、より精度の高いインプラント治療を実現しています。

院内に設置しているので、撮影もスムーズ

また、院内にCTを完備していない医院では、大学病院・提携クリニックでCT撮影を行うため、撮影までの期間が長くなったり、別途日程の調整が必要な場合がありました。しかし、当院ではCTを完備しているため、治療をスムーズに進めることができます。

<歯科用CTの導入メリット>
(1) インプラントを入れる位置、方向のシミュレーションができる
(2) 難易度の高いインプラント治療もできる
(3) 事前の確認が可能なため、メスで開くことが少ない
(4) 治療時間が大幅に短縮できる

サージカルガイドを使った正確なインプラント治療

増骨手術インプラントの埋入は、アゴの骨を施術して行います。その際、ドリルの着地点と角度を正確な方向に導き、またドリルがぶれないように保持する医療器具がサージカルガイドです。

サージカルガイドの使用によって、インプラント治療の最大のリスクであるドリリングの不具合が最小限に抑えられるので、安心して治療を受けていただけます。

<メリット>
・インプラント本体の位置が非常に正確である
・歯肉にメスを入れずに手術を行うことができる
・手術時間が非常に短く、手術後の痛みや腫れが少ない
・高齢の方、全身疾患をお持ちの方でも手術が行える

当院が使用しているインプラントメーカー

インプラントノーベル・バイオケア

世界で最初のインプラントであるため、もっとも長い臨床実績があり、最高の信頼性を誇るインプラントだとされています。また、世界のインプラントシェアではトップクラスであり、世界50カ国以上、1000万人以上の患者さまに使われています。

ジンマー

ジンマーデンタル・カルシテックインプラントは、チタン母材の表面に、骨と同じ組成でできた生体材料「ハイドロキシアパタイト」をコーティングしています。それにより、より強固な骨結合を実現します。

【当院のインプラント治療の特長1】安全な外科手術

安全な外科手術当院ではピエゾサージェリーを導入し、患者さまの負担をさらに軽減する施術を行っています。

ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリーは、Dr.Tomaso Vercellotti(トマソ・ベルセロッティ)によって考案された、いま最も注目されている手術器具です。

三次元超音波振動を利用することで切削部分の長さ・深さを正確にコントロールできます。また、これにより、神経や血管などの軟組織を傷つけず安全に骨だけを切削することが可能になりました。

【当院のインプラント治療の特長2】増骨手術

「アゴの骨が少なくなっているので、インプラントは打てない」と他院で断られた方はいませんか?歯周病や虫歯の悪化により、一度、歯を抜いてしまうと、アゴの骨への刺激が少なくなることや、入れ歯などによる圧迫により、アゴの骨が薄くなってしまうことがあります。

そういった経緯でアゴの骨が薄くなった患者さまでもアゴの骨を補うことで、インプラント治療が可能となる場合があります。これらの手術は「増骨手術」とよばれ、患者さまのアゴの状態により、さまざまな治療を行います。

ソケットリフト(オステオトーム)

当院ではソケットリフトによりアゴの骨を補います。ソケットリフトはサイナスリフトと同じく、上アゴの骨が少ない方に対しておこなう手術です。ただし、ソケットリフトを行うには、4mm以上の骨の厚みが必要です。

【当院のインプラント治療の特長3】オステルISQによりインプラントの固定状況を診断

オステルISQ当院ではオステルISQという装置で共振周波数解析を行ない、インプラントの結合力や固定の状態を調べることで正確なインプラント治療がご提供できます。

<メリット>
・インプラントの安定性と骨の質を測定し、その結果からインプラントへの機能時期を予測することができます。
・治療後の経過途中で発生する可能性がある不具合を予見できます。これにより適切な対処方法を取ることができます。
・インプラント治療の評価に必要なデータを提供します。また、測定数値を蓄積し、今後の治療に役立てることができます。

インプラント治療の流れ

【STEP1】問診表のご記入

はじめに、問診表にご記入いただきます。既往症やアレルギーなどお身体の状態について、また、現在気になっていることや治療に対するご希望などを詳しくお伺いします。

次へ
【STEP2】検査

歯および口腔内全体の状態を把握するための検査を行います。当院では歯科用CTを導入しております。これにより正確な審査、診断をすることが可能です。

次へ
【STEP3】診査・診断

最新鋭の機器と多くの症例経験により、正確な審査・診断を行います。CT、レントゲン、口腔内写真などはすべてデジタル方式ですので、検査結果の画像は即座にモニターに映し出され、その場で患者さまにご覧いただきながら現状のご説明を行います。

次へ
【STEP4】インフォームド・コンセント

最善の治療方法や費用などについて、一つひとつ明確にわかりやすくお伝えします。また、治療計画書を作成し、治療に対するご理解を深めていただけるよう努めています。

次へ
【STEP5】インプラント治療(手術当日)

通常どおりにご来院いただき、その日の体調やご帰宅の手段などを伺います。

<骨が十分にある方の場合>
インプラントの本数、内容により異なりますが通常は2時間ほどで終了いたします。手術工程の中でもインプラント埋入にかかる時間は1本につき15分から30分が目安となります。

<骨が薄い方の場合>
インプラントに適した骨量の再生治療技術が必要な方の場合は、骨の状態によって手術時間が大きく変わります。詳しくは医師にお問い合わせください。

次へ
【STEP6】手術後の治療の流れ

手術後は消毒と経過観察のため、数回通院していただきます。通常、手術後約1週間で抜糸。その後はインプラントや骨の安定を待ち、約3ヶ月~半年後に最終的な上部構造を装着します。


トップへ » 診療メニュー » インプラント


PAGE TOP