トップへ » 診療メニュー » 予防歯科 » なぜ定期検診が必要なのか?

なぜ定期検診が必要なのか?

定期検診すべての治療が終了したら、それで終わりではありません。そこからがスタートです。

当院では最後まできちんと治療を受けてくださった患者さまに、メールにて定期検診のご案内をしています。

すべての治療が終了し、お口の中はパーフェクトな状態です。ですが、お口は毎日使う場所。患者さま自身できちんとケアしてくださっていても、どうしても汚れがたまり、そこから細菌が大量に増えますので、虫歯や歯周病につながる可能性があります。ですので、歯科衛生士による定期検診が必要になってくるのです。

定期検診メニュー 約60分

1.位相差顕微鏡
歯周病の原因菌チェック

次へ
2.お口の染め出し
歯みがきの磨き残しのチェック。写真撮影してお口の状態を見ていただき、磨けていない部分のブラシの当て方などアドバイスさせていただきます。

次へ
3.クリーニング
日頃の歯みがきで取れなかった汚れ(歯垢、歯石、着色)を取り除きます。汚れが再び付きにくい状態にします。

※所要時間など、お口の状態により内容を変更する場合があります。


トップへ » 診療メニュー » 予防歯科 » なぜ定期検診が必要なのか?


PAGE TOP