トップへ » 診療メニュー » インプラント » 歯科用CTで骨の中身を事前にチェック

歯科用CTで骨の中身を事前にチェック

歯科用CT当院では歯科用CTを導入し、コンピュータ上で骨を再現することでレントゲンでは分からなかった、骨の奥行き、骨の幅、厚みを正確に知ることできるようになりました。

手術の前にあらかじめCT撮影を行うことで、より精度の高いインプラント治療を実現しています。

院内に設置しているので、撮影もスムーズ

また、院内にCTを完備していない医院では、大学病院・提携クリニックでCT撮影を行うため、撮影までの期間が長くなったり、別途日程の調整が必要な場合がありました。しかし、当院ではCTを完備しているため、治療をスムーズに進めることができます。

<歯科用CTの導入メリット>
(1) インプラントを入れる位置、方向のシミュレーションができる
(2) 難易度の高いインプラント治療もできる
(3) 事前の確認が可能なため、メスで開くことが少ない
(4) 治療時間が大幅に短縮できる


トップへ » 診療メニュー » インプラント » 歯科用CTで骨の中身を事前にチェック


PAGE TOP