トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 忘れていた想いがよみがえり、志した歯科医師への道

忘れていた想いがよみがえり、志した歯科医師への道

院長紹介実は、私自身は虫歯がまったくない子どもでした。ですから、幼少期に歯医者さんに通った想い出はありません。また、近所にお住まいだった歯医者さんは非常に気さくで良い方でした。ですから、歯医者にはとても良い印象をもったまま成長したんです。

また、私が11歳のときに父が病気で亡くなりました。入院中、何度も病院に訪れたのですが、その間に医療の世界に興味をもち、医者という仕事に魅力を感じるようになりました。しかし、当時はまだ子どもだったので、明確に医者になろうと思うことはなかったんです。

突如舞い込んだ歯科大学への推薦入学の話に、医療への想いが湧き上がって

時が過ぎ、高校生になる頃には医療の世界のことはすっかり忘れ、工業高校へと進学していました。建築関係の仕事に興味があったので、なんとなくそういう仕事に就くのかなと思っていました。ところが、3年生になって進路を決める時に歯科大学への推薦入学の話が舞い込んできたのです。

その話を聞いて、忘れていた遠い昔のことを思い出しました。沸々と医療の世界への想いが湧き上がってきました。そして、その推薦入学によって日本歯科大学新潟に進学し、歯科医師への道を歩き出したのです。

大学卒業後は勤務医を経て、ある医療法人の分院の分院長に就任しました。その分院があったのが、現在当院がある場所です。2002年に独立して、あらためて開業したのが当院のはじまりです。


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 忘れていた想いがよみがえり、志した歯科医師への道


PAGE TOP