«  2018年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年8月21日

こんにちは!受付の福島です。
早いもので、もう8月も終わりに近づいていますね。
皆様は夏休みいかがお過ごしでしたか?
海水浴に花火大会にバーベキューなど夏はやりたいことが盛りだくさんですよね(゚v゚*)
私はお盆休みに台湾に行ってきました。
台湾には色々な美味しい物がありますね〜
一日中食べてばかりで5日間朝と夜しか歯磨きが出来ませんでした。。
今更ですが歯が心配になっております...笑
皆様も夏は甘い物などを食べる機会が特に多いかと思いますので、ぜひ歯磨きを念入りに行ってくださいね(*^^*)!
そして普段お忙しくて定期検診にあまりいらっしゃれない方はぜひ夏休みの間に定期検診にお越しくださいませ\(^o^)/!!

2018年8月16日

こんにちは、歯科衛生士の菅原です。


突然ですが、
「シュガーコントロール」
という言葉はご存知でしょうか??

シュガー = 砂糖
コントロール = 管理、調節する

普段の飲食をする上で、
砂糖の摂取量を管理、調節しよう
というものです。そのまんまですね(笑)


シュガーコントロールをすることによって、
歯科的には「虫歯予防」につながると
考えられています!


そもそも 虫歯 というのは、
お口の中の細菌が糖分をエサとして
酸を作り出します。この酸が歯を溶かす(=脱灰)ことによって虫歯になってしまうのです。

また、虫歯を予防するために
「1日の糖類は小さじ6杯分(25g)まで」と、
WHO(世界保健機関)でも発表されています。


ケーキやお菓子に糖分が含まれることはもちろん、清涼飲料水にも糖分はたくさん含まれています。

虫歯予防のためにも、特に間食時は
糖分の摂りすぎに気をつけたいものですね!


ちなみに、キシリトールガム は
糖アルコールといって糖分は糖分でも
酸を作り出す糖分が含まれていないので
間食にもおすすめです!!

ぜひ参考にしてみてください♪

2018年8月 1日

こんにちは歯科医師の平澤です。
今回のテーマは疲れと歯の痛みです。

今ブログを見ている方の中にも忙しい時、ふと気がつくと歯が痛む経験をした方もいると思いますがそれはストレスが関係しているかもしれません。
ストレスにより、血液中に含まれているカテコールアミンが増加し、歯茎の血管に悪影響を与え、栄養が滞り歯が痛んだり腫れてくることもあります。
ストレスは、頭痛や胃痛を引き起こす原因になり、人によって歯痛になる場合があるのです。

ただし、忙しくて睡眠不足のときは唾液が減り、口の中の酸性化を中和する機能が弱くなりことにより虫歯のリスクが高まりますので、疲れているときは虫歯にかかりやすいとも言えます。

痛みがなくなっても治ったのではなく、歯の神経が死んで痛みを感じなくなったということもありますので、痛みを感じたときは放置せず、一度受診することをお勧めします。

2018年7月20日

皆さま、こんにちは!麹町デンタルクリニックの西澤です。

ホームホワイトニングのご紹介です☆

ホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類があります。
オフィスホワイトニング・・・歯科医院で歯科医師または歯科衛生士が行うホワイトニング
ホームホワイトニング・・・ご自宅で患者様ご自身が行うホワイトニング

今まで当院ではオフィスホワイトニングのみでしたが、このたびホームホワイトニングも取り扱いを始めました!!

使い方は簡単です♪
作製したマウスピースにホワイトニングジェルを入れ、1日2時間装着するだけです。
これを1~2週間続けることにより、白くきれいな歯に変身します(*'▽')
とはいえ、やはり色は後戻りしますので、気になってきたらまた装着します。

白さの加減や、後戻り、しみる症状には個人差がありますので、ご自身で調節しながらホワイトニングを行えるのはホームならではだと思います。お忙しい方にもお勧めです!

2018年7月 9日

こんにちは!歯科衛生士の宮本です。
暑い日が続いていますが、みなさん夏バテはしてませんか?
私は、夏は冷たい麺類とかさっぱりしたものばかり食べたくなってしまいます!
いきなりですが、麺類の美味しさは、コシにあると言われていますが、その歯ごたえをどのように感じているか知っていますか?
歯ごたえという感覚は、歯の感覚と噛むための筋肉(咀嚼筋)から成り立っているそうです。
歯の感覚とは、歯の表面のエナメル質で感じるのではなく、歯の根の周りを覆っている歯根膜の圧力で感じます。
咀嚼筋の感覚は、顎を動かす筋肉の中にあるセンサーによるものだそうです。

麺が歯に当たる→歯根膜のセンサーが知覚→咀嚼筋にかかる力を筋肉のセンサーが知覚→それらの情報を大脳で判断

といった流れで、うどんなどのコシを感じることができるそうです。
なんだか複雑ですね...(笑)

ちなみに、全部歯がなくなった総入れ歯の人は、入れ歯を支える歯肉が歯根膜のセンサーの代わりをすると考えられているそうですが、歯のある人に比べると相当感度が悪くなるようです。
やはり、美味しく食べるには歯の健康が大切です!!
80歳までに20本以上の歯があれば、食生活
にほぼ満足できると言われています。
一本でも多く健康な歯を保てるように、ご自身でのケアももちろん大切ですが、是非定期検診にいらっしゃって下さい♪


2018年6月20日

こんにちわ!歯科助手の高濱です!
先日、衛生士さん2人と第2種歯科感染管理者の試験を受けてきました!
久しぶりの座学と筆記試験にドキドキ、、!!
様々な医院さんのドクターや衛生士さんが集まり、何だか少し不思議な感じもしました。
第2種歯科感染管理者とは、滅菌についての検定です。正しい感染対策を行うことで、患者様に安心して治療を受けて頂くことはもちろん、私たちスタッフの安全も確保することになります。
当院では、日頃から滅菌に対しても力を入れていますが感染に対しての再確認、モチベーションアップにも繋がりました( ^ω^ )!

結果ですが、、
無事3人とも合格してホッと一安心です!

これからも患者様に安心して治療を受けていただけるよう、感染に対しての意識を高めて参りたいと思います(o^^o)!

2018年6月 9日

こんにちは歯科衛生士の本田です。
ついに梅雨突入ですね...


今回は「うがい(嗽)」についてです。


実はうがい(嗽)の語源はタイトルに書いた
『鵜飼(うかい)』
みなさん鵜飼ご存知ですか??
鵜という鳥に魚を丸呑みさせて吐かせる漁の事です。
この鵜に魚を飲み込ませて吐かせるところから来ているそうですよ。


みなさんが毎日なんとなーくやっている
「うがい」
実はとてもいい効果がたくさんあるんです。

うがいは分けると2種類あります。
1つは喉を使う「ガラガラうがい」・・・風邪予防や喉のケアに最適です!

もう1つは頬を使う「ブクブクうがい」

どちらも大事ですが、歯科と関係の深いブクブクうがいについて説明します。
このブクブクうがい、実はちゃんとできていない方を度々お見かけします。
ブクブクうがいをしっかりやることにより
プラークなどの細菌は落とせませんが
口の中の食べかすを落としたり、食事後、酸性に傾いた口の中を中性に戻したり、保湿などの効果を期待できます。

いつもやるうがいだからこそ
効果をちゃんと出したいと思いませんか?

ではやってみましょう!

1・水をひと口含む

2・左右どちらかの頬を膨らませ3〜4回水をぶくぶくさせる

3・反対側の頬を膨らませ同様に行う

4・鼻の下、上の唇と歯茎の間を膨らませ、鼻の下を伸ばすように上下に3〜4回ぶくぶくさせる

5・同様に下も行う

6・最後に頬全体を膨らませ3〜4回ぶくぶくさせる


ポイントは
"頬を膨らます" です!
これをしないと水が口の中を行き渡りません。
また水をたくさん含みすぎるとぶくぶくできません。

しっかりやると頬が疲れてきますが
うまく筋肉を使えている証拠です。
口の周りの筋肉を使う事で、口の中を綺麗にするだけでなく、ほうれい線予防やお顔のリフトアップにもなります
お口の中も笑顔も綺麗に!!
一石二鳥ですね〜

ちなみにガラガラうがいも喉を鍛えられるので二重アゴに効果があるそうですよ。


今日からぜひ「うがい」やってみてください

2018年6月 1日

こんにちは麹町デンタルクリニック歯科医平澤です。
今回は妊娠中のお口の環境の変化についてです。

●虫歯のリスクが高い
妊娠初期ではつわりで胃酸が逆流したり、酸っぱい物を好むようになることでお口の中が酸性に傾きやすいということと、唾液の減少や粘稠度が増して唾液の自浄作用が低下することでリスクが高まります。
●歯周病にかかりやすい
女性ホルモンの影響により歯肉のうっ血や充血がおこりやすく、腫れや出血が多くなります。
妊婦の方はホルモンの影響で急速に歯周病の症状が進行することがあり、炎症性の物質が血液と共に運ばれ子宮の収縮にも影響を及ぼすといわれています(早産のリスク)。
●妊娠性エプーリス
お口の中にできる良性の腫瘤のことで、ホルモンや歯垢などの刺激で発生すると言われています。歯の清掃性に問題がある場合は切除することもありますが産後は自然と小さくなることが多いです。

このように平時よりも口腔疾患にかかりやすくなるためこまめにうがい、歯磨き、デンタルフロスを使うといったセルフケアが重要です。また、外出が苦でない時期には検診やクリーニングを受けることをお勧めします。

2018年5月21日

こんにちは!受付の福島です。

先日、観たいとずっと思っていた「かぐや姫の物語」を観ました。
絵本のような繊細な絵で素敵だな〜と思って見ていたのですが、お歯黒のシーンでふと思ってしまいました。
...そういえば歯に悪くないのかな?
鑑賞中ですが即調べました。笑

実はこのお歯黒、歯に良かったようです!
2つ理由があります。
まず、お歯黒をする為には歯垢を取らなければなりません。
なぜならばエナメル質は初めの数年間かはすごく染まりにくく退色しやすいので、よりしっかりと染める為に毎朝掃除しては塗って掃除しては塗ってを繰り返し行っていました。
つまり染める為の行為が自然と歯の健康に繋がっていたそうです!

そしてもう1つ。
お歯黒の材料にタンニンが含まれていたからです。
タンニンは歯質を強化してくれる為、虫歯の侵入を防いでくれるのでお歯黒をしていた方は虫歯になりにくく歯医者いらずとの言い伝えもあったほどだそうです。

お歯黒にこのような効果があるとは...
歯に悪そうだなと勝手に思っていましたが真逆でした。
先人の方の発想にはいつも驚かされますね。

2018年5月10日

こんにちは、歯科衛生士の菅原です。

突然ですが、私は普段からネットニュースをよく見るのですがそこで気になる記事を見つけました。

ある雑誌で、55歳から74歳までの1060人に"(健康面について)今、何か後悔していることはありますか?"というアンケート調査を行ったところ、第1位が「歯の定期検診を受ければよかった」という回答結果になったそうです。
タバコをやめればよかった、お酒を控えればよかった、など色々ありそうな気もしますが、第1位がこの回答だったことに驚きました!


みなさんも日頃の食事や会話を担っている" 歯 "をもっと労わるつもりで、普段のセルフケアも非常に大事ですが、ぜひ歯科の定期検診も受けてみませんか?(^ ^)

当院の定期検診では、虫歯がないかのチェックや歯石取りの他にも、顕微鏡を使ってお口の中にいる細菌を調べたり、磨き方などの指導も行っています。分からないことがあればお気軽にご相談ください!お待ちしております♪

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

麹町デンタルクリニック 院長 西澤道雄
医療法人社団恵雄会
麹町デンタルクリニック

〒102-0083
東京都千代田区麹町4-3
紅谷ビル3F
03-3239-1888

院長 西澤道雄

平成4年 芝浦工業大学高等学校卒業

平成10年 日本歯科大学新潟歯学部卒業
杉田歯科医院勤務

平成14年 麹町デンタルクリニック勤務

平成15年 麹町デンタルクリニック開業