«  2019年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2019年2月21日

こんにちは!受付の福島です。
もうすぐ3月ですね。
ついこの前までお正月だったのに〜
時が過ぎるのは早いですね。
そしてあと2ヶ月でゴールデンウィークです!
皆様はどこかお出掛けされますか??
私は全く予定がないです。笑
どこか行こうにも金額が高くて参ってます^^;

さて、今回は歯の神様について調べてみました。
歯の神様なんているの?と思うかもしれませんが、ちゃんといます。
昔も歯医者はいましたが庶民には縁遠い存在でしたので神頼みをする人が多かったそうです。その名残で歯の痛みや悩みを癒す目的で祈願などをする神社が結構あるみたいですね。
その中でも歯神社という名前の神社があります。
そのままですね。笑
大阪の梅田駅からすぐみたいです。
神社と言ってもとても小さく、人がぎりぎり潜れるくらいの鳥居とお社です。
お社の前になで石があり2,3度なでた手で歯の痛いところをさすると痛みが和らぐと言われているそうです!
歯科で働いてる身としてはぜひ歯科へと思うのですが中には忙しくて行く暇がない人もいると思います。
そういう方にはぜひこの歯神社の参拝をおすすめしたいですね。

2019年2月12日

こんにちは、歯科衛生士の菅原です。


突然ですが、虫歯になりやすい人、
虫歯になりにくい人の違いをご存知ですか?

歯磨きをする回数が同じ場合でも、飲食の回数や虫歯菌の数、その方の唾液の性質によって虫歯になりやすい、なりにくいといった違いがあります。

飲食の回数はご自身でコントロールできるとして、自分の虫歯菌の数や唾液の性質などを知っている方は少ないのではないでしょうか?


当院ではこれらを簡易的に調べられる「唾液検査」をご希望に応じて行なっております!

この唾液検査では、
・虫歯菌の数や唾液の性質
・歯周病に関わる白血球やタンパク質量
・口臭の原因になる口腔内の細菌総数

などを数値化した結果を知ることができます!


特に、ちゃんと歯磨きをしているのになんで虫歯になるんだ!?と悩んでいらっしゃる方にとっては、効率的な予防方法を考える上で非常に参考になると思います(^ ^)


唾液検査自体はとても簡単で、10分もあれば結果もすぐに分かりますので気になる方はお気軽にお声掛けください♪

2019年2月 1日

こんにちは麹町デンタルクリニック歯科医師の平澤です。
9月から続けていた歯周病治療の研修も終わりが見えてきました。
ここ最近の研修では豚の顎を使った歯周外科のトレーニングをしました。
豚の歯茎はとても薄く、集中力が必要です。歯周外科では様々な要素から治療の可否、難易度が決まりますが、歯茎の厚みも難易度を上下させる要素であることを体験できました。
通常、人の歯茎は豚程薄くはありませんが、歯周外科をお勧めするときは成功する見込みのある状態なのかしっかりと見極める必要があります。

2019年1月18日

麹町デンタルクリニックの西澤です。
いつも当院をご利用くださいましてありがとうございます。

定期検診・クリーニングが毎月可能となったことにより、ご予約が混み合い皆さまにはご迷惑をおかけします。

ご来院の際には、次回の定期検診・クリーニングのご予約をお取りになることをおすすめします。その際にはメールアドレスと携帯番号のご登録をお願いします。

先のご予約となるとスケジュールがわからない場合も多いと思いますが、ぜひ次回のご予約をお取りください。よろしくお願いいたします。

2019年1月10日

明けましておめでとうございます!!
麹町デンタルクリニックの宮本です。

今回は、詰め物や被せ物が取れてしまう原因についてお話ししたいと思います。
お正月にお餅を食べていたら、詰め物(銀歯など)が取れてしまった!!なんて方もいらっしゃるかもしれません。
以前、銀歯が取れて来院されたお客様にも「取れてしまう事なんてあるんですか!?」と質問されたことがあるのですが、色々な原因により取れることはあります。

主な原因は、以下のようなものがあります。
○ムシ歯
詰め物・被せ物と歯の隙間からムシ歯菌が侵入し、ムシ歯になることによって取れやすくなります。

○接着剤や補綴物の劣化
詰め物・被せ物は歯科用の接着剤(セメント)で固定するのですが、長年使用することにより、セメントが劣化し取れてしまいます。
他には、詰め物・被せ物そのものが劣化・破損して取れてしまう事もあります。

○歯ぎしり・くいしばり
過剰な力がかかることにより、取れやすくなります。また、詰め物・被せ物が割れてしまうこともあります。

もしも取れてしまった時はそのまま放置せず、すぐに歯科医院に行きましょう(^^)
取れてしまった詰め物・被せ物も捨てずにお持ち下さい。
また、ムシ歯は定期的な歯科検診で予防できますので、ぜひ定期検診にお越し下さい(^^)

本年もよろしくお願い致します。

2018年12月20日

こんにちわ!麹町デンタルクリニックの高濱です!
あっという間に年の瀬になってしまいましたが、今年も無事終えることが出来そうでしょうか?
先日友人と会った際、詰め物が外れたけど数ヶ月放置しているという話になり驚いたのですが(*_*)来年は歯医者に行く!!!と宣言していたので、是非今年中に!とお願いしました。笑
忙しいとついつい後回しになってしまいがちですが、永久歯は生え変わる事がないので大切にしましょうね!心当たりのある方は是非とも今年中によろしくお願いします。笑
では、今年もご来院いただきありがとうございました!また来年も健康な歯のサポートが当院で出来ます事を嬉しく思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

2018年12月11日

こんにちは麹町デンタルクリニック歯科衛生士の本田です。

8020運動ってみなさんご存知ですか?
80歳で20本の歯を残そうというものですが
しっかり物を噛むために最低必要な本数が20本なのです。
だからといって何本かは失って大丈夫♪なんて思わないでくださいね(笑)

さて、その8020運動を推進している団体のHPに面白い記事があったので引用させていただきました。

『 有名なハムラビ法典の言葉に「目には目を、歯には歯を」があります。
これを英語では
" An eye for an eye, a tooth for a tooth "
といいます。
他にも英語で歯にまつわるおもしろい表現がいろいろありますのでいくつかあげてみましょう。
" Tooth and nail "
直訳すれば「歯と爪」ですが、これで「力一杯」という意味になります。日本語にも「歯をくいしばる」という言い方がありますが、爪を立て、歯を噛みしめることは洋の東西を問わず、体に力をみなぎらせること。
" Pull teeth "
を直訳すると「歯を引き抜く」ですが、これは「武器を奪う」、つまり「骨抜きにしてしまう」という意味に転じます。
では、歯がなくなったら?
" Toothless "
「歯がない」、つまり「非力」。 そうならないためには
" To the teeth "
直訳すれば「歯に至るまで」
つまり「完璧に」
お口の健康は完璧に 』

[8020推進財団より引用]

歯ってただ物を噛んだりするだけのものじゃないのだなと思わせる記事ですよね
歯がなくなる事は非力なのです
噛めなくなるという事は食べることができないだけでなく、力が入らなくなるという事なのです。
何か力を出す時は噛みしめます。
スポーツ選手はよく噛みしめているみたいですね。

歯の大事さ少しわかっていただけたでしょうか。
力が出せなくなっては困りますよね

ちなみに
「目には目を歯には歯を」の意味は...
「やられたらやり返せ」というのが代表的ですが、
「目をつぶしてしまった罪には自らの目で償う」「歯を折ってしまった罪には自らの歯で償う」
つまり過度な報復はしてはいけないよという意味が本当だという意見もあるみたいです。
「倍返しとかダメだよ」なんですね^_^

2018年12月 3日

こんにちは麹町デンタルクリニック歯科医師の平澤です。
前回のブログから引き続き歯周病研修コースに通っています。
今勉強中なのは主に歯周外科についてです。
歯周外科治療は歯茎を切除したり歯を支える骨を削ったりと、非外科の治療よりも体への負担が大きい代わりに対応できる症状がとても広がります。
例えば、歯茎が下がった部分の改善や失った骨の再生、根っこだけの歯の再利用など非外科であればその歯が駄目になるまで様子見をするしかないものでも治療の選択肢を増やすことができます。
当院にかかった患者さんの歯にとってベストな治療を選択できるようこれからも知識技術を磨いていきます。

2018年11月21日

こんにちは!
受付の福島です。

今回は歯に関係することわざ・慣用句について調べてみました。
例えば「歯に衣着せぬ」や「歯が浮く」はよく聞きますよね?
「思った通りにずけずけと言う」「軽薄な言動に接して不快な気持ちになる」という意味ですね。
では「歯の根が合わない」は知っていますか?
これは「寒さや恐ろしさのためにひどく震える」という意味だそうです。
他にもたくさんありますので紹介しますね。

獅子の歯嚙み
→ものすごく猛り怒ること

ゴマメの歯ぎしり
→力の及ばない者が憤慨すること。 ゴマメは片口鰯の干物。

豆腐で歯を痛める
→ありえないことのたとえ

柿は歯の毒腹薬
→柿を食べると歯には悪いが腹には薬であること。 柿には糖分が多いので食べ過ぎると虫歯になるとの戒め。

ことわざって面白いですね!
まだまだありますので気になる方はぜひ調べてみて下さい\(^o^)/

2018年11月 9日

麹町デンタルクリニック歯科衛生士の菅原です。

私が定期検診で診ている患者様の中で、
「ハミガキをした時に出血する」
「歯ぐきの腫れ、むず痒い感じがする」
「口の中のネバつきが気になる」

など、口腔内トラブルについて
心配されている方も少なくありません。

すべてではありませんが、上記のような症状がある場合、歯の表面に付着した汚れ(歯垢、歯石)が原因で歯肉に炎症が起きていたり、口腔内環境があまりよくないことがほとんどです。

そういった症状がある時に、当院でおすすめしている商品の一つが「ペリオバスタージェル 」です。
ペリオバスタージェルとは、
・歯周病(歯槽膿漏)予防
・歯肉からの出血予防
・口臭の防止
といった効果が期待できる商品です。

使用方法は簡単で、普段使われている歯磨き粉の代わりにペリオバスタージェルを使って磨いていただきます。
実際に使用後、「出血しなくなりました!」「歯ぐきの違和感が気にならなくなった!」など、効果を実感されている患者様もたくさんいらっしゃいます!

少しでも患者様の不安を解消できたと思うと、こちらもやはり嬉しいものです(^ ^)
何かお役に立てることがあるかもしれませんので、気になることがあればお気軽にご相談ください♪

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

麹町デンタルクリニック 院長 西澤道雄
医療法人社団恵雄会
麹町デンタルクリニック

〒102-0083
東京都千代田区麹町4-3
紅谷ビル3F
03-3239-1888

院長 西澤道雄

平成4年 芝浦工業大学高等学校卒業

平成10年 日本歯科大学新潟歯学部卒業
杉田歯科医院勤務

平成14年 麹町デンタルクリニック勤務

平成15年 麹町デンタルクリニック開業