マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)-麹町・四ツ谷・半蔵門の歯科・歯医者なら麹町デンタルクリニック

小さな虫歯も見逃さない。麹町・四ツ谷・半蔵門の歯科・歯医者なら当医院へ。

【診療時間】8:00~13:00 / 14:30~17:00
【休診日】土曜・日曜・祝日

麹町・四ツ谷・半蔵門の歯科・歯医者なら麹町デンタルクリニック

【診療時間】8:00~13:00 / 14:30~17:00
【休診日】土曜・日曜・祝日

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)

透明で目立たない矯正装置を用いた噛み合わせの治療

矯正歯科

当院では、噛み合わせの改善のため、「人に気づかれない」「見た目が気にならない」「矯正をしていると思われにくい」マウスピースを用いた矯正治療を行っています。マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)での矯正治療により、歯を正しい位置に動かして、整った歯並びと正しい噛み合わせを作り、歯本来の機能を高めることを目指しています。

マウスピースを用いた矯正とは

歯並びについて、こんなお悩みはありませんか

  • 「うまくしゃべれない」
  • 「うまく食事ができない」
  • 「うまく歯を磨けない」
  • 「歯並びが悪いのが気になる」
  • 「歯並びが悪いことをよく言われる」

マウスピースを用いた矯正

歯並びが悪いため見た目の印象も悪く、小さな時からそれがコンプレックスとしてつらい思いをされた方もいらっしゃると思います。

そのような方で「歯を矯正し、見た目を良くして人生を変えたい」と思われたことはありませんか。

当院では、そんな想いに応えるため、マウスピース型の矯正装置を用いた治療を行っています。

ワイヤーを用いた矯正

矯正と言えば「ワイヤー矯正」がメインですが、ワイヤー矯正には下記のように気になる点があります。

<ワイヤー矯正の気になる点>

  • 見た目が悪い
  • 取り外しができない
  • 食べる時に邪魔になる
  • 食事後、食べカスが気になる
  • 歯を磨きにくい
  • しゃべりづらい
  • 金属アレルギーには使えない

お口周りに金属を使うため、やはり「見た目」が気になります。

そんなお悩みを解消する矯正が、「マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)」です。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)とはマウスピースを装着する新しい歯科矯正システムです。患者さま一人ひとりの歯に合わせて作製されるマウスピースを装着することで、段階的に歯を動かし矯正を行います。

透明な装置を用いているため、目立つこともなく、つけていても目立ちにくいのがメリットです。それ以外には下記のような特徴があります。

●ブラケットやワイヤーを使用しない(歯に直接、固定式の矯正装置をつける必要がない)
●矯正装置をつけた時に痛みがあまりない
●取り外しが可能なため、食事や歯磨きができる
●重度の不正咬合には不向きである
●金属アレルギーの方でも使用可能

子どもの頃にワイヤー矯正をした方も治療しています

「以前小さな時にワイヤー矯正をしていたが、後戻りしてしまって困っている」そんな方がマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)を選択するケースが増えています。

・定期的に通院する時間が確保できない
・周りの視線が気になる
・またワイヤー装置を付けたくない

上記のような理由でワイヤーによる矯正が難しいからです。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)であれば

●最初だけ通院がワイヤー矯正と同じ頻度だが、それ以外は1か月から3か月(個人の症状により異なる)に1回の通院で済む
●透明な装置で取りはずしが可能なため、装着してても分かりづらい
●ワイヤー矯正独特の痛みが無い


といったメリットがあります。マウスピースを作るために専用の3Dデジタルスキャナーでお口の中を撮影するだけ、という型取りの必要がないのも人気の理由の一つです。

3次元のデジタルスキャナー【iTero element】

当院では「iTero element」と呼ばれる3次元で口腔内をスキャニングできるデジタルスキャナーを使用しています。お口の中を連続撮影できる「iTero element」を用いることで、正確な画像データの取得が可能です。

iTeroを用いたスキャニング中に患者さまに実施頂くことは口を開けることだけなので、痛みはありません。iTeroスキャナーの先端は取り外し可能で清掃しやすく、衛生面に優れており、口の中に入りやすい構造となっております。口の中で動かしながら撮影しても疲れない仕様となっており、短時間で立体的な口内データを取得することができます。

今までのシリコンを用いた印象(歯型取り)より早くデータを集められるだけでなく、3D撮影のため仕上がりが正確で、従来よりフィットしやすくなるなどのメリットがあります。当日撮影した3Dデータはその場で確認することもできるので、そのデータからマウスピース作成のシミュレーションを2、3日で確認することも可能になりました。作成データはメールで送信することができるため、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)の仕上がりも早くなります。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)について
前歯のズレや矯正に適していますが、重度の不正咬合(抜歯が必要となる)治療は向いてません。
当院では患者さんの口内を確認し、症状に合わせてご提案しますので、まずはご相談ください。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)の流れ

【STEP1】 カウンセリング

まず、患者さんのお口の中を拝見し、歯並びや噛み合わせをチェックします。その後、ご要望をお聞きした上で、治療方法や治療期間・費用についてご説明します。

【STEP2】 矯正治療開始

iTero elementを用いて口腔内をスキャンし、歯の状態に合わせたマウスピースを作成します。

【STEP3】 調整治療期間

初回は1~2週間後に通院し、その後は4~6週間に1回通院します。1週間ごとにご自身でマウスピースを交換しながら治療を進めます。その間は通院する必要はありません。治療期間は歯の状態にもよりますが、約2~3年程度かかります。

【STEP4】 保定期間

きれいな歯並びをその位置に安定させるために、保定装置を装着します。保定期間中は3か月ごとに通院して、歯の状態をチェックします。